本文へスキップ
E-mail:
info@u-archi.jp
Phone:
和歌山 073-424-6512
大 阪 06-6463-0755

お客様の声

暖海の家

 U建築研究所さんとは5年前にクリニックの設計を依頼したとき以来のお付き合いです。
建築のクオリティの高さ、設計センスの良さ、そして何よりも大切なことですが、
信頼できる誠実な事務所であり、自宅新築の際、迷わず林先生に相談しました。

 ベージュなイメージしか伝えられませんでしたが、とっても素敵な自宅が完成しました。
外観は少しグレーがかった白いボーダータイル張りで、もちろん継ぎ目もないし、朝日にも、
夕日にも、雨でさえ、美しく映えて飽きません。

 玄関は御影石や大理石が床や壁一面に張り巡らされ、天井は吹き抜けで高く、
正面のガラス張りの窓の外には、水が流れ落ちる水盤があり、まるで美術館のようです。
来客はみな、「素敵!」とため息をつき、褒めてくれます。
広々としたリビングは大きく吹き抜け、まっしろい漆喰の壁が天井まで高くつづき、
広く開けられた窓からは、昼間は青い空、夜は月や星を鑑賞できます。
家具は輸入イタリア家具で揃えましたが、作り付けの収納家具が便利に備え付き、
数点の気にいったものを購入しただけです。

 見逃せないのはお風呂場で、洗面所から白いタイルが風呂場の床までつづき
総ガラス張りで繊細な雰囲気でとてもきれいです。
保育所に通っている子供たちもお風呂が大好き。
いつまでも湯船につかり遊んでいます。

 機能性よりも美しさを優先して、とお願いしましたが、実際に暮らしてみて
家事がとてもしやすく、動線がより機能的につくられていることがわかります。
まだまだご紹介したい素敵な点がたくさんありますが、設計を頼んでもらったらその人となり、
施主のことを絶えず考え熱心に創る姿勢や良さがさらによくわかりますよ!
依頼して本当に良かったです。

 

(建築主 様)

Sea Shore House

 この度は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
お陰様で 毎日心穏やかに過ごしています。

 思い起こせば、家を建てるにあたり、途方にくれておりました。
というのも、以前建てた家が欠陥まみれで、地震のたびに家が大きく揺れ、
サッシの枠は大きく曲がり隙間ができ、設備の不具合もあちこちに見つかりました。
これまで、辛抱して住み続けてきましたが、この家にずっと住み続けることを考えると
不安でたまらなかったのです。

 この度、思い切って建て替えを決意し、土地探しをはじめ、いろいろな条件が整うまで
長い時間を要しましたが、今度こそは安全できちっとつくられた家に住みたいと考え続けてきました。

 そして まずインターネットで設計事務所探しを始めました。
何度よそを見ても必ずUユー建築研究所のホームページに戻って、見入ることが続きました。

 建築に対する考え方、デザイン性、ブログ等全てにおいて衝撃的でした。
いてもたってもおられず、是非先生にお会いしたくて心臓が飛び出しそうなくらい
緊張して事務所に飛び込みました。

 応対してくれた林所長さんには、何時間もかけて丁寧に話を聞いていただき、
涙が止まりませんでした。不具合のある家で長らく不安をもって暮らしてきたこと、
今度こそは間違いのない安全な家を建てたいこと、等など。

 「私が責任をもって建物をつくります」 先生のお言葉を聞いた時、
「あー、この人なら人生の家を託す事が出来る。これで救われる」と思い決意しました。

 そして、念願の家造りがスタートしました。
設計の時には 熱心に何度も話を聞いてくださいました。
工事中も何度も何度も現場に通っていただき、定期的に監理報告書も届けていただき、
大事に作りこむ姿勢、御配慮に感謝しています。

 私達も現場に行くたびに、説明を受けその出来栄えに感動!感動!の連続でした。
住んでみると、あちこち細部に渡り、工夫や配慮がなされており、感動の毎日です。

 訪れる方は必ず「とても気持ちの良いお家ですね」「落ち着きますね」「とても明るいですね」
「素敵な家ですね」と、最高のお誉めの言葉をいただきます。

 私達のように住まいのことで悩んでおられる方、困っておられる方に、
是非お伝えしたいです。
「Uユー建築研究所の林先生に会って下さい」 ・ ・ ・ と。
必ず、悩みを解決してくれます。そして生きる勇気、感動を与えてくれます。

 100%信頼して、林先生にお願いして 本当によかったです。
決して妥協を許さず、創り込む林先生の“人間味あふれる匠の技”を世界中の人に
発信したい気持ちでいっぱいです。

 林先生はじめスタッフの皆様、また工事を請負っていただいた建設会社、
工事に携わっていただいた多くの方々に感謝し、厚く御礼申し上げます。

 私達は林先生の“お家”に住まわせていただける幸福を生涯忘れることはありません。
これからも末長くよろしくお願い申し上げます。
Uユー建築研究所様の益々のご活躍をお祈りします。

(宮脇 様)

新家の家

 リタイヤ後の終の棲家を考えた時、老後は海の見える丘に・・・、暖かい沖縄もいいな。
晴耕雨読も理想、やっぱり街が便利かな。いろいろ思いを巡らせました。
戦後、住まいを転々とした母が人生の中で一番長く住み、かつ、お気に入りの場で
あることが決め手となり、これまでの家を建て替えることに落ち着きました。

 さて、設計は誰に頼もうか。
思案していたところ、日本建築家協会の「建築家カタログ」という本の紹介を新聞で目にし、
早速購入しました。

 当時住んでいた和歌山の建築家?土地のある大阪の建築家?いろいろ思案しましたが、
本の中で書かれていた文章にひかれるものがあり、和歌山の「Uユー建築研究所」を
訪問することに決めました。

 そして、林先生とお会いし、施工実績や先生の人柄に触れ「この人なら」と思い感じたことが
決め手となり、お願いすることになりました。
そして、こちらの予算や要望など4点ほど主なことをお伝えしました。

 夫は自分の希望を伝えたきり、「あまり細かいことを言うと、設計者のカラーがなくなる。
間違いのない人だから任せておけ」そう言ったきり、最終の間取りと完成予想のモデルを
見ただけでした。
そして今、その本人が完成した家が誰よりも気に入っています。

 この家が完成してから、家の見学や問い合わせをよく受けます。
つい先日も、これから家を建てようとする母娘がお見えになりました。
また、姪の夫であるオーストラリア人は、玄関に入るなり”Oh Clinic”とその明るさと
空間の拡がりに叫び声をあげました。

(深澤 様)

下津の家

 林先生に、自宅を設計していただきました。
当初、自分のイメージでは「総コンクリート打ち放し」で、
アルフレックスのマレンコの似合う家でした。

 林先生は、建物の建つ立地や周辺環境も考えて、周りの風景に
溶け込む家が良いのではないかとのお考えでした。
確かに敷地の周辺はミカン畑、昔ながらの木造家屋や
プレファブ住宅が建ち並ぶ地域です。

 住まいを建てるにあたって、自分なりにも住宅雑誌や住まいの本で
研究していましたので、林先生とのコミュニケーションはスムーズに進みました。
先生は立地環境も考えられた上で、「コンクリート打ち放し」という
私たちの思いも取入れ、1階がコンクリート打放し、2階は木質系の
プレーンな外壁という提案をされました。

 打合せを重ねていくうち、豊富な知識や経験、建築に対する
ものづくりの姿勢に触れ、私たちの希望もうまく咀嚼してプランに
反映してくれるのをみて、途中からプロの意見にお任せすることにしました。

 結果的に、田舎町で許容される範囲の現代的なスタイルの家となり、
環境ともマッチングし狭いながらも回遊性をもった、暮らしやすい家となりました。
建築家である林先生と幸せな関係を築いて建てた家が、
私たちのその後の生活を豊かなものにしてくれました。

 先生に依頼して本当に良かったです。
また、林先生のプロ感覚にお任せして、正解だったと思っております。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

(三宅 様)

Rectangular House

 林先生、事務所の皆さん、このたびは何かとお世話になり
ありがとうございました。
おかげさまで、新しい建物で快適に過ごしています。

 間口の狭い敷地に古い木造の家とビルが混在する土地で、
私達が求めたのは斬新な住まいでした。
そのような建物に多くの経験をもつ先生にお願いするため
緊張して事務所を訪れた時のことを、懐かしく思います。

 所長の林先生は、終始にこやかにメモをとりながら
熱心にお話を聞いてくれました。
設計から工事中も終始、熱心にご対応いただき、
細かいご配慮にとても感謝しています。

 いざ住んでみると、お願いしたこと以外に
細かい配慮や工夫がなされていて驚いています。
さすが、プロですね。

 道行く人は、モダンな建物ができたことを噂しながら通ります。
ここは地盤が悪く敷地も狭いたため、建てるのが不安でしたが、
先生の言葉で安心し、出来てみると美しく明るく機能的で
使いやすい建物になりました。
信頼して林先生の事務所にお願いし、本当に良かったです。

 これからもよろしくお願いいたします。
U建築研究所様の益々のご発展をお祈りします。